痔の外来のご紹介

特色

痔の外来

痔の外来では、

  • 痔核(いぼ痔)・・・肛門付近に「いぼ」ができるいぼ痔
  • 裂肛(きれ痔)・・・顧問の皮膚が切れる切れ痔
  • 痔ろう(あな痔)・・・肛門の周囲から膿が出る痔ろう

を中心に治療に取り組んでいます。 ※右図参照

特色

通常の手術のように、痔そのものを切除するのではなく、ジオン注とよばれる注射剤を投与することで痔核を縮小し、脱出・出血を改善する治療法を行っています。通常の手術の場合は1~2週間の入院が必要ですが、この治療法は、手術に比べて痛みが少なく日帰り(1日入院)又は1泊2日入院での手術治療が可能です。手術時間も30分程度と患者様の負担も大幅に軽減されます。

ジオン注の投与後

ジオン注の投与後

投与後は痔核に流れ込む血液の量が減り出血が止まります。 脱出の程度も軽くなります。 ※注

※注 射後翌日には、

  • 出血・脱出の症状が軽減
  • 排便、入浴が可能です。
    痛みを怖がって我慢しないようにしましょう
  • 仕事は翌々日(場合によっては翌日)から可能です。

1週間から1か月後には。投与した部分が次第に小さくなり、引き伸ばされていた支持組織が元の位置に癒着・固定して、脱出がみられなくなります。肛門周りの腫れもなくなります。

担当医のご紹介

長 政利(ちょう まさとし)

長 政利(ちょう まさとし)
診察日 第1.3木曜日
診察時間 午前9:00~12:00
午後2:00~5:00
  • ※午後は手術の都合により、診察時間が変更になる場合がございます。

※午後は手術の都合により、診察時間が変更になる場合がございます。

この治療法は高い技術を要求されますので、決められた講習会を受講した専門医しか実施できません。当院では専門医がおりますので治療が可能です。痔でお悩みの方はお気軽にご相談ください。